鍼師の仕事

鍼師は法令上は資格がなくとも開業して治療を施すことも可能です。鍼師という資格もありますが、これは専門学校へ通学して卒業してある一定の知識、技術があるということを他人に証明するものであります。こうした証明できるものがなければ他人から見ればどういったレベルなのかも分からないし、信用度がないのでたとえ開業してもお客さんは来ないでしょう。国家資格ではなく民間資格でありますが、こうしたものがあるとひとつの目安となり社会的な信用度もアップします。しかし実際には鍼師の仕事はこれ一本で食べていけるようになるまでには険しい道のりがあるようです。そもそも日本では鍼治療はあまり浸透しておらず、また効く人とそうでない人の個人差も激しく、そして鍼師の実力もレベルの差がはっきりしているので悪い人にあたれば効かないから鍼はもういいや、となってしまうのです。保険も適用外なのでよほど鍼に信頼をおける人や、この鍼師は腕がいいという噂、評判がある人のものでないと訪れる人は少ないと思います。ですが鍼が効く人には本当に良く効くので、ずっと不妊に悩んでいた女性が腕のいい鍼師に鍼を打ってもらったら子どもが出来たという話も聞いたりします。これくらい腕もよくしかも有名にならないとこの仕事だけでは厳しいものがあります。鍼師として独立し生計を立てている人は、並々ならぬ志と努力があったことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です